主に雑談。キャプ画像はございませんm(_ _)m。
by fotomuzik
以前の記事
2009年 12月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
うつ病です(5)
 この時期の生活はハードだったと思います。
 先にも書きましたが、妻も忙しい日々が続いており、夜9時前に帰宅することはほとんどなかったように思います。このころの1日はだいたい次のようなスケジュールでした。

 8:15〜子どもを保育園へ
 9:00〜仕事
 17:15〜子どものお迎え、夕食、風呂、寝かしつけ
 21:00〜再び仕事
 25/26:00〜就寝

 子どもが憎かったわけではありません。でも、仕事を中断して子育てに時間を取られなければもっと楽に生活できるのに…といつも思っていましたし、育児にあまり関与してくれない妻に苛立つこともよくありました。また、子どももまだ幼くて十分なコミュニケーションが取れなかったし、ついイライラして大声で叱ってしまうこともありました。「キレる」というのでしょうか。当然子どもはわーわー泣きますし、逆にそれが苛立ちを増します。けれども寝付いた後は、いつも寝顔を見ながら、親としての力量不足や自分の感情を子どもにぶつけたしまったことを泣きたい気持ちで反省し、何度も何度も子どもの頭を撫でながら謝っていました。怒っては自己嫌悪に陥るというこの悪循環は、やはり自分でもどうかしていたのだと思います。

 そうしているうちに秋になり、元勤務先のみんなで呑もうという話がメールが来ました。前述のような生活ばかりで僕も外に出たかったため、もちろんオーケーしました。実はこの会社は人の入れ替わりが激しく、飲み会と言ってもほとんどが退職者の集まりです。その退職者リストの中に、今でもメール友だちでいてくれる女の子がいて、その女性が先輩にメールで参加できるかどうかを尋ねていたのです。彼女の話では、先輩の奥さまからメールへの返事が来て、「自宅で療養しているので、今回は遠慮させてください」という内容だった、ということでした。

 先輩のことを忘れたわけではありませんが、毎回「調子はどうですか」と聞くのもどうかと想い、連絡は取れずにいました。もちろん忙殺されていたこともあります。先輩に申し訳ない限りです。でもこの飲み会を口実に、先輩に連絡を取って見ようという気になりました。先輩の病状への不安が再び持ち上がったことも確かです。
 僕は受話器を持ち上げ、先輩の電話番号を押しました。奥さまが出られて、先輩に替わってもらえました。聞き覚えある先輩の声です。僕のこともちゃんと覚えていてくださいました。でも話を進めていくうちにその安心感は消え、不安に変わっていきます。

c0192984_18581071.jpg

[PR]
# by fotomuzik | 2009-02-27 19:31 | うつ病