主に雑談。キャプ画像はございませんm(_ _)m。
by fotomuzik
以前の記事
2009年 12月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
<   2009年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧
診察日
 診察とカウンセリングでお疲れモード。診察は「変わりないです」でおしまい。カウンセリングは少しまた新しい切り口が見えてきたような気がする。確実な手応えというほどではないけれども。

 病院の待合室にはテレビがある。待合室で1時間以上待つのはつらいので、だいたいは外でぶらぶらして、頃合いを見計らって戻ってくる。きょう外から戻ってきたら、綾瀬はるかが出ていた。じっくり見たかったのだが、ほかの患者が目の前を行ったり来たり行ったり来たりしてよく見えない。久しぶりに待合室でイラッとした。けど以前ほどはイライラしないところを見ると、なにか変わってきてるのかな。



「ブラシの木」というそうです。確かにそっくり。
c0192984_20413230.jpg

[PR]
by fotomuzik | 2009-04-16 21:02 | うつ病
カウンセリングの日
 きょうはカウンセリングだけの日。疲れた。しゃべってるだけなのに何で毎回こう疲れるかな〜。

 本日のトピックは両親との関係になってしまった。そんなことを話すつもりじゃなかったんだが、話し出すといつも妙な具合に脱線・展開してしまう。


 ---------
 きのう昼食をとりながらテレビのチャンネルを回していたら、『福祉ネットワーク』の自殺特集が目に留まった(“自殺”や“うつ”といったことばには今でも敏感に反応してしまう)。いじめによる自殺で中学生の娘を亡くしたご両親が、なぜ相談してもらえなかったのか、苦しみ続けていた。

 父親を自殺で亡くした子どもの話も思い出した。当時その子は中学生だった。ある晩、風呂に入っていると突然、「いっしょに入ろう」と父親が入ってきた。その年になるとさすがに照れくさい。「恥ずかしいじゃん」と言って早々に出てしまった。翌日、お父さんは自殺した。
 ---------


 どうしても自分に当てはめて考えてしまう。先輩は肉親ではないし、自殺でもなかった。
「それ(テレビ番組)を見てはらはら泣きました」
 カウンセリングでそう話しているうちに、何だかうるうるしてしまった。
 残されるほうもけっこうつらいんですよ、先輩。

 そこから家族関係に話が飛ぶ。自分が求めていた愛情を、自分が満足するレベルまでは受けられなかったんじゃないか。そういう疑問が浮かぶ。親に怒られたこともほとんどないし、愛されていなかったわけでもないだろう。ましてやネグレクトや虐待なんかもない。
 親を恨むわけではないけれども、僕が欲しがっていた愛情をうまく伝える術を親は知らなかったんじゃないだろうか。でも僕はそれを表に出せず、「いい子でいなくちゃいけない」という思い込みのもと、どこかに封じ込めた。
 ああ、幼少時代の体験/無体験の影響。結局いつもカウンセラーの思うつぼだ……。



 東を向いて夕暮れの月と桜。月が角張って見えますがRAWファイルではちゃんと丸く写ってます。
c0192984_19164345.jpg

西を向いて夕焼けと桜
c0192984_19174984.jpg

[PR]
by fotomuzik | 2009-04-09 19:31 | うつ病