主に雑談。キャプ画像はございませんm(_ _)m。
by fotomuzik
以前の記事
2009年 12月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
再発1
 8月27日。鬱病が再発した。自分にも非があっただろうが、病院の事務方と揉めたのが直接の原因だ。その日、帰宅してボロボロ泣いた。あの懐かしく冷たい場所へ自分が戻っていくのがわかる。情けないと思いつつも涙が止まらない。減薬も順調に進んでいた。早朝覚醒も収まりつつあった。ようやく人生が好転し始めたという実感があった。悔しい。

 次の診察日、認可されたばかりのリフレックスという抗鬱薬を処方された。臨床試験でプラセボに対して初めて有意差が出た薬らしい。眠れない、気分がすぐれないと訴えれば、ドクターが試してみようと思っても当然だ。けれども僕にはまったく合わなかった。1〜2日目は確かに眠れた。しかしそれからは睡眠剤としての能力は消え、眠りに落ちる瞬間の感覚と睡眠状態のあいだで宙ぶらりんにされている感じが続く。2週目からは悪夢も加わった。同じエンディングの夢を朝まで繰り返し繰り返し見るのだ。たとえば、迷路のような場所を抜けて日が射している通りに出ようとすると、道ばたで佇んでいた男が立ち上がり、僕の脚に火をつけるのだ。脚は焼け落ち、僕はその場に崩れ落ちる。こんな夢を毎日一晩中見ていた。

 さすがに「このままでは自分の中から自分が崩れて廃人になる」と恐怖を覚え、リフレックスの処方は止めた。効いている人もいるようなので、自分に合っていたらどんな感じだったんだろう、と少しうらやましく思う。
[PR]
# by fotomuzik | 2009-12-08 19:05 | うつ病